Skip to content

福岡の保育士求人について

福岡の保育士求人は、たくさんありますが、認可保育園とそうでない保育園では、労働条件が違うような気がします。現在、幼児を受け入れる保育園が少なくて、待機児童の問題は解消されていません。一般的に、保育士の仕事は朝早くて帰りも遅いというイメージがありますが、比較的労働時間は長いようです。大体の保育園がシフト制や変則勤務が多いのが現状で保育士が中々集まらず、免許を持っていない無資格者も受け入れているようです。

福岡市では保育士資格支援として補助金を出す制度があります。無資格では子供の教育、安全から見ても不安があるので、この制度を利用してもらい保育士を増員したいという意向なのです。昔から「保育園や幼稚園の先生は給料が安い」と言われているくらいで、今でも給料面ではそこそこな金額で、決して給料が高いとは言えません。日本は福岡にかぎらず、資格者が不足している状態で保護者から見れば、どうして子供を入園させるところが少ないのか疑問に思うかもしれませんが、単に施設だけの問題ではなく、保育園の従業員の問題もあるのです。

近代では、少子化になり、母子家庭や夫婦共働きの場合も多いので、認可保育園が足りないということは、親が満足に働けないので家計にも響くのです。少子化でありながら保育園が足らないのは、行政の支援や対策が滞っている可能性があり、この先、保育園や幼稚園に従事する者の給料を上げていこうという法案も出ているくらいなのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です