Skip to content

元警察官がベビーシッターを始める長所と短所について

元警察官がベビーシッターを始めると、家族が驚く、地域で噂になる、元同僚が助けてくれる、などの長所が期待できます。ベビーシッターを始めると家族に言うと、びっくりすると想定されます。予想外な発言なので、家族が驚くのは不思議なことではありません。最初は否定的な意見をしていた家族も幼児と真剣に向き合う姿を見れば、徐々に応援をしてくれる可能性が高いです。

また、地域の人が話を聞きつけると、興味を抱いて様子を見に来ると思われます。幼児が怪我をしないように常に離れないようにしている姿勢は、感動してもおかしくないです。そして近所の人は、自身が見た内容を他の人に教えて回ります。すると、いつの間にかお客が増加することになるので、元警察官の顔に笑みが見られるようになります。

あと、元同僚に話が知れ渡ると、手助けしてくれることがあります。一緒に働いている警察官たちに話を伝えるので、預かる幼児が増える場合があります。短所はベビーシッターは腰が痛くなる、開業後はお客があまりこないなどです。幼児は成長期なので、体重が増えやすいです。

幼児を持ち上げる機会が多いことから、腰痛になりやすいため、腰にバンドを巻いて仕事をしたほうがいいです。バンドを巻けば、腰への負担が軽くなるので、仕事をしやすくなります。また、開業後は周囲に認知されていないため、お客はあまり来ないです。家の外に看板を取付けたり、幼児を預かる部屋内をリフォームするのも良い手法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です