Skip to content

ベビーシッターは、アルバイト勤務も可能です

ベビーシッターとは、仕事や事情により、親の代わりとして保育や世話を行う人を言います。主に、託児所で子供を預かりますが、家庭や病院、会社などでも業務として働くケースがあります。近年は、待機児童が増えているらしくベビーシッターの不足が問題になっている次第です。結婚しても仕事がしたい主婦のために、備え付ける企業も増加中で需要が高い職種になります。

この仕事の内容は、保育士と似ていますが、学ぶ事より自由さが魅力です。子供と一緒に遊び、食事、お風呂のお手伝い、本を読んであげる、勉強を教えたりします。子供の預かる時間帯も決まっていなく、朝からお昼までの時間や、午後だけ預かったり、土日だけ預るなど、決められた時間内で保育を行います。中には、他の仕事を行いながら掛け持ちをする人もいて、アルバイトとして短時間勤務があるようです。

その場合、一日2時間から4時間ぐらい働く事が出来るので、近くの勤務が望ましいと言えます。また、親から正しく指導して欲しいと、依頼される場合があるので答える義務もあるようです。例えば、親の言う事を聞かない、団体生活が送りにくい、礼儀を教えたいと言った悩みを相談されます。ベビーシッターは、子供の性格を理解し、正しい指導などをやさしく行うようです。

しかし、人の子供を預かる身のため、仕事中のトラブルには注意が必要になります。万が一、ケガや事故に遭った場合、責任を問われるケースがあるので保険加入している会社は、信用や安心と言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です